まさかサッカーと同じ練習でいいと思っていませんか?


⇒  初心者から効果的な上達ができる3ステップとは?

1人で行う練習

個人練習は、ボールを使ったものだけが全てではありません。
むしろ、チーム練習ではなかなかできないフィジカルの鍛錬こそ
1人で練習する時間に行うべきものです。

 

筋力トレーニングなどであれば、ちょっとした空き時間にすることも出来ます。

 

 

フィジカルを鍛える意味

 

フットサルは、20分ハーフ、前後半で40分間ハードに動くスポーツです。

 

途中オフプレーの時間や、ベンチで休む時間もありますので、
試合中ずっと動き続けているわけではありません。
それでも、試合に出場している間は、フルに動き続けなければいけません。

 

また、1対1の攻防や競り合いなど、直接からだをぶつけ合う場面も多いです。
そのときに、フィジカルが強い方が有利なのは言うまでもありませんね。

 

 

フィジカル練習の内容

 

1人でフィジカルを鍛える代表的な運動は、筋力トレーニングです。

 

ただ、まだ10代の選手には、体の成長を妨げる可能性があるので、
あまり筋力トレーニングは進められません。
本格的な筋力トレーニングは20代になってから行いましょう。

 

できるだけ長い時間フルに動き続けるためには、
持久力のアップも欠かせません。

 

日々、マラソンなどの持久力トレーニングを行うことは、
健康管理の面でもおすすめです。

 

フットサルの動きに合わせてランニングのトレーニングをするのであれば、
途中に何度か全力疾走する場所を設定すると良いでしょう。

 

めまぐるしく攻守が切り替わるフットサルでは、
スピードの切り替えの速さも重要なのです。


 

 

人気No.1 フットサル専用練習プログラム

フットサル

日本初プロフットサルチーム『名古屋オーシャンズ』のフットサルスクール公認コーチ・大島裕樹氏のレッスンが自宅で受けられる。


専門プロがフットサル専用の技術、試合の進め方、勝ち方をDVDで徹底解説。いま話題の練習メソッド!


>> 公式サイトをチェック