まさかサッカーと同じ練習でいいと思っていませんか?


⇒  初心者から効果的な上達ができる3ステップとは?

テクニックを磨く

前回は、ボールを運ぶドリブルを練習しましたね。
今回は、相手をかわすためのドリブルを練習しましょう。

 

フットサルでも、パスで相手を崩す攻撃は有効です。
しかしそれだけでは、決定的な場面を作り出すのは難しいです。

 

フィールド上に4人しか相手選手がいないフットサルでは、
1人相手を抜き去ることができれば、一気にチャンスとなります。

 

 

足の裏を使ったドリブル

 

フットサルに特徴的なテクニックのひとつに、足の裏で転がすドリブルがあります。
コートの小さいフットサルでは、相手を抜き去るときに大きなドリブルをすると
すぐにコートからボールが出てしまいます。

 

また、相手と密着する場面が多いので、
より体の近くにボールを保持する必要があります。

 

そのため、足の裏で細かくボールを転がすテクニックは非常に効果的なのです。

 

 

足の裏のテクニックの練習

 

足の裏を使ったドリブルの一番の基本は、ボールを横向きに転がす動きです。
進行方向へ体を横向きにして、足の裏でボールを横に転がしましょう。
このとき、スピードよりもリズム良く転がすことを意識しましょう。

 

pic5.gif
体の内側へ転がすドリブルが上手くできるようになったら、
外側へ転がすドリブルや、利き足と逆の足を使ったドリブルにも練習しましょう。

 

 

縦方向へ転がすドリブル

 

足の裏を使ったドリブルは、横だけでなく、縦方向へ移動するものもあります。
体を正面に向けて、前に向かって足の裏でボールを転がします。
このとき、つま先を横に向けていた方がスムーズに前方へ転がせます。

 

pic6.gif
後ろへボールを転がすときは、両足の裏を交互に使うとスムーズにできます。
リズム良く、体全体で後ろにボールを引っ張るような感覚を意識しましょう。

 

pic7.gif


 

 

人気No.1 フットサル専用練習プログラム

フットサル

日本初プロフットサルチーム『名古屋オーシャンズ』のフットサルスクール公認コーチ・大島裕樹氏のレッスンが自宅で受けられる。


専門プロがフットサル専用の技術、試合の進め方、勝ち方をDVDで徹底解説。いま話題の練習メソッド!


>> 公式サイトをチェック