まさかサッカーと同じ練習でいいと思っていませんか?


⇒  初心者から効果的な上達ができる3ステップとは?

パスの練習

今回は、パスの練習を紹介します。
「個人でパスの練習はできないのでは?」と思う人もいるでしょう。
しかし、ちょっとした工夫で、1人でもパスの練習はできるのです。

 

 

壁を使ったパス練習

 

壁を使ったパスの練習は、昔から知られていますね。

 

ちょっとした広場やグラウンドに行けば、コンクリートの大きな壁がありますね。
これに向かってボールを蹴ると、当然跳ね返って戻ってきますよね。
これを利用すれば、一人でもパスの練習ができるのです。

 

pic8.gif
真っ直ぐにパスを蹴れなければ、ちゃんと自分のところにボールは戻ってきません。
目標をきちんと決めて、真っ直ぐにボールを蹴ることを意識しましょう。
速さや強さなども蹴る前に決めておいて、イメージ通りのパスを蹴りましょう。

 

自分でコースや強さなどをあらかじめ決めておくことで、
より効果的なパス練習を行うことができるのです。

 

 

トラップの練習も行う

 

ボールを蹴るだけがパスの練習ではありません。
ボールを"受ける"動きも同時に練習することができれば、一石二鳥ですね。

 

少し強めに蹴って、戻ってきたボールをしっかりとトラップしましょう。
このとき、次の動きを意識してボールをコントロールしましょう。

 

次に右足のインフロントでボールを蹴ろうと思うのならば、
少し右手前方向へボールをコントロールする。
インサイドのキックならば、体の近くへボールを止める。

 

など、次の動きを意識して、スムーズにパスができるように練習しましょう。


 

 

人気No.1 フットサル専用練習プログラム

フットサル

日本初プロフットサルチーム『名古屋オーシャンズ』のフットサルスクール公認コーチ・大島裕樹氏のレッスンが自宅で受けられる。


専門プロがフットサル専用の技術、試合の進め方、勝ち方をDVDで徹底解説。いま話題の練習メソッド!


>> 公式サイトをチェック