まさかサッカーと同じ練習でいいと思っていませんか?


⇒  初心者から効果的な上達ができる3ステップとは?

2種類のディフェンス

フットサルの戦術は攻撃だけではありません。
守備の戦術も重要です。

 

サッカーにも共通することですが、フットサルのディフェンスには
"マンツーマン""ゾーン"の、2つの種類があります。

 

 

マンツーマンディフェンス

 

マンツーマンディフェンスは、一人一人の選手が、
決まった相手の選手を徹底的にマークするディフェンスです。

 

pic26.gif
個人の役割が分かりやすいので、
初心者にも理解しやすいディフェンスの戦術です。

 

その反面、1人のマークが外れてしまうと、チームはピンチに陥ってしまいます。
また、マークする選手の実力差が大きい場合、
簡単にそこを狙われることになります。

 

 

ゾーンディフェンス

 

ゾーンディフェンスは、人に対してマークするのではありません。
コートのスペースを守るディフェンスの戦術です。

 

各選手が守備を担当するゾーンを決めて、
そのスペースに入ってくる相手に対するディフェンスです。

 

pic27.gif
ゾーンディフェンスの難しい点は、スムーズなマークの受け渡しです。
敵の選手は、ゾーンを移動しながら攻撃してきます。

 

他のゾーンへ敵が移動する時に、きちんとチーム内で声を出して
マークの受け渡しを確認しましょう。

 

マークの受け渡し時は、後ろにいる選手やディフェンスのリーダーが
しっかりと声を掛けましょう。
ときには、よりコートを見渡せるキーパーが指示を出しても良いでしょう。

 

また場合によっては、1人のディフェンダーが2人を相手にすることもあります。
できるかぎりそういったことのないよう、マークの手があいた選手は、
敵が多いゾーンをカバーする動きを忘れないようにしましょう。

 

pic28.gif


 

 

人気No.1 フットサル専用練習プログラム

フットサル

日本初プロフットサルチーム『名古屋オーシャンズ』のフットサルスクール公認コーチ・大島裕樹氏のレッスンが自宅で受けられる。


専門プロがフットサル専用の技術、試合の進め方、勝ち方をDVDで徹底解説。いま話題の練習メソッド!


>> 公式サイトをチェック