まさかサッカーと同じ練習でいいと思っていませんか?


⇒  初心者から効果的な上達ができる3ステップとは?

ポジションを知ろう

フットサルには、どんなポジションがあるのか?
それを知っておくことは、システムを理解する上で欠かせません。

 

フットサルは1チーム5人で戦います。
その中で、それぞれが勝手にどこへポジショニングしても良い
というわけではありません。

 

それぞれのポジションにはきちんと役割があります。
名前だけ憶えただけでは意味がありません。
各ポジションをきちんと理解しておきましょう。

 

 

一般的なポジションの名称

 

下の図は、ダイヤモンド型にフォーメーションを組んだ場合の
各ポジションの名称です。

 

pic24.gif
ちょっとオシャレに、フットサル専門の呼び方を使うチームもありますが
たいていは、11人制のサッカーに準拠した呼び方を使います。
その方が混乱も少なく、憶えるのも簡単なのでおすすめです。

 

ポジションの呼び方は、チーム内で通じれば何でも良いでしょう。
まずは、各ポジションの役割を理解してください。

 

 

各ポジションの役割

 

ゴールキーパー

ゴレイロ、ゴーリーなどと呼ばれることもあります。
基本的にはサッカーのゴールキーパーと同じポジションです。

 

ただ、コートが小さいフットサルでは、
キーパーのパスがそのまま攻撃の起点になることもあります。
守るだけでなく、攻撃の意識も重要になります。

 

ディフェンダー

フィクソ、フィックス、とも呼ばれます。
ダイアモンドの底辺に位置します。
ディフェンスに重点を置いたポジションです。

 

さらに攻撃の際には、最初の起点となることが多く、
パス回しの中心として、ゲームをコントロールする役割があります。
サッカーで言う、ボランチの役目も含まれていると考えましょう。

 

右サイド(左サイド)

アラとも呼ばれるポジションです。
ダイヤモンドのサイドを担うプレイヤーです。

 

コートの左右両サイドに位置して、
攻撃と守備の両面をバランスよくこなす必要があります。

 

ときには、ドリブルで突破したり、スペースでパスを受ける動きをしたり、
積極的にゴールを狙うプレーも必要になります。

 

さらに、相手にボールを奪われたら、すぐに守備に入り、
味方がボールを持ったら、すぐに攻撃に入る。
そういった、素早い攻守の切り替えが必要になります。

 

フォワード

トップ、ピヴォ、ピボット、とも呼ばれるポジションです。
ダイヤモンドの先端に位置し、攻撃の拠点となる選手です。
一番の仕事は、得点をとる事です。

 

サイドの選手から上げられたセンタリングをシュートしたり、
自分で持ち込んでシュートしたり、
まずは貪欲に得点を狙っていきましょう。

 

しかし、シュートだけがトップの仕事ではありません。

 

後ろからのパスをキープして、サイドの選手に落としたり
ディフェンスの選手に戻して、後ろからシュートさせたり
得点に絡む全てのプレーが必要になってきます。

 

もちろん、敵がボールを持ったときは、
最初のディフェンスをする選手にもなります。

 

まずは、これらの基本的なポジションを覚えておきましょう。


 

 

人気No.1 フットサル専用練習プログラム

フットサル

日本初プロフットサルチーム『名古屋オーシャンズ』のフットサルスクール公認コーチ・大島裕樹氏のレッスンが自宅で受けられる。


専門プロがフットサル専用の技術、試合の進め方、勝ち方をDVDで徹底解説。いま話題の練習メソッド!


>> 公式サイトをチェック