まさかサッカーと同じ練習でいいと思っていませんか?


⇒  初心者から効果的な上達ができる3ステップとは?

得意なパターンを作る

フットサルはチームで行うスポーツです。
チームとしてしっかりと練習して「点を取るパターン」「守備のパターン」
きちんとできていれば、当然勝率は大きくアップします。

 

もちろん、個人技だけで得点をすることも可能です。
しかしチームのサポートがあれば、
その個人技をさらに活かすこともできるのです。

 

 

得意なパターンを作ろう

 

個人練習のときに"プレースタイル"を意識することが重要だと言いましたね。
同じように、チームとして"得意なパターン"があれば、
それがそのままチームのスタイルとなるのです。

 

チーム練習で、自分達のプレーに合わせて得意なパターンを作ることができれば、
チームとして大きな武器となります。

 

 

ドリブルが得意な選手がいたら、周りの選手がスペースを作る動きや、
ディフェンスをひきつけたり、敵をブロックする動きなどを練習して、
エースがドリブルしやすい状況を作れるようにする。

 

「とにかくシュートを沢山打つ」というのであれば、シュート練習を沢山する。
細かいパスで相手を崩すならば、いろいろなパス練習を行う。

 

ディフェンス面でも、チーム・パターンはあります。

 

例えば、マンツーマンディフェンスを得意な形にするのか?
それともゾーンディフェンスを得意な形にするのか?
その形によって、練習方法は大きく変わってきます。

 

マンツーマンディフェンスを主体とするのならば、
一対一で負けないように、ディフェンス力を強化することに重点を置く。

 

ゾーンディフェンスでは、ディフェンスの連携のコンビネーションを鍛える。
などなど、得意なパターンによって重きを置くべき練習が変わってきます。

 

チームとして"得意なパターンを作る"ことができれば、大きな武器になります。
そしてそれが、フットサルが上達する大きなポイントとなるのです。


 

 

人気No.1 フットサル専用練習プログラム

フットサル

日本初プロフットサルチーム『名古屋オーシャンズ』のフットサルスクール公認コーチ・大島裕樹氏のレッスンが自宅で受けられる。


専門プロがフットサル専用の技術、試合の進め方、勝ち方をDVDで徹底解説。いま話題の練習メソッド!


>> 公式サイトをチェック