まさかサッカーと同じ練習でいいと思っていませんか?


⇒  初心者から効果的な上達ができる3ステップとは?

シュート練習

フットサルの試合において、最終的な目的は点を取ることです。
そのためにはシュート練習はとても重要です。

 

チームの連携にばかり意識がいってしまい、
シュート練習がおろそかになってしまうチームがあります。
しかし、どれだけ連携が上手くてもシュートが入らなければ意味がありません。

 

 

シュート練習の意義

 

フットサルは、コートにいる全員にシュートを打つチャンスがあります。
そして、打ったシュートは、枠内に入ることが重要です。

 

自分が狙ったコースに確実に蹴ることができるように、
日々のシュート練習でしっかりと技術を磨きましょう。

 

 

シュートの練習

 

最初は、フリーな状態からドリブルシュートを打ってみましょう。
蹴る前に、どこへシュートを蹴るか宣言します。
シュート時には、確実にそこへ打つように意識しましょう。

 

慣れてきたら、マーカーなどの障害物を置いてみても良いでしょう。

 

pic14.gif
次は、コンビネーションを使ったシュート練習です。
ペナルティーエリア手前に、パス出しする選手を一人置きます。

 

ワン・ツーパスの要領でボールを受けたら、
ダイレクトでゴールを狙いましょう。
このときも、先にシュートを打つ場所を宣言しておくと良いでしょう。

 

さらに、浮き球を使ったシュート練習もやってみましょう。
キッカーは、パスを出す選手の胸の辺りの高さにパスを出します。

 

パス出しする選手は、手でボールを受けて、
キッカーに浮き玉を投げ返します。

 

そのままダイレクトでシュートしても良いですし、
ボールをトラップして、足元にコントロールしてからシュートしても良いでしょう。

 

pic15.gif


 

 

人気No.1 フットサル専用練習プログラム

フットサル

日本初プロフットサルチーム『名古屋オーシャンズ』のフットサルスクール公認コーチ・大島裕樹氏のレッスンが自宅で受けられる。


専門プロがフットサル専用の技術、試合の進め方、勝ち方をDVDで徹底解説。いま話題の練習メソッド!


>> 公式サイトをチェック