まさかサッカーと同じ練習でいいと思っていませんか?


⇒  初心者から効果的な上達ができる秘密のメソッドとは?

フットサルとサッカーの違い

フットサルは、サッカーから派生したスポーツです。
ですから"手を使ってはいけない""危険なプレーはいけない"など
基本的なルールもほとんどがそのまま同じ内容で通じます。

 

しかし、フットサル独自のルールも多くあります。

 

 

サッカーとフットサルのルールの違い

 

サッカーとフットサルのルールで、特に大きな違いは
選手交代が自由にできる点です。

 

サッカーでは、一度交替した選手は
再び試合に参加することはできません。
しかしフットサルでは、何度でも選手の入れ替えができるのです。

 

この選手交代を戦術にうまく組み込めれば、
選手の疲れを回復したり、ゲームの内容を劇的に変えることもできるのです。

 

もうひとつの大きな違いは"オフサイドが無い"という点です。
これを知らずにオフサイドを仕掛けようと思っていたら、
手痛い攻撃を受けることになってしまいます。

 

また、ラインからボールが出てしまった場合、
スローインの代わりに"キック・イン"でゲームを再開します。
これも戦略上、大きな意味を持ってきます。

 

 

退場処分について

 

選手が退場処分になった場合にも違いがあります。
サッカーの場合、選手が退場になるとチームは人数が少ないまま
試合を続けなければいけません。

 

フットサルの場合、退場した選手はその後プレーをしたり
ベンチにいることもできなくなります。

 

しかし、その後2分のプレータイムが経過するか、
退場者を出したチームが失点した場合、
ベンチから他の選手を補充して試合を続けることができます。

 

 

相違点のまとめ

 

もちろん、ボールやコートのサイズも異なります。
これはもう"フットサル"という言葉を知っているのならばご存知ですね。

 

この他にも細かいルールの違いはいくつかあります。
あわせて簡単に表にまとめていますので、憶えておきましょう。

 

 

  サッカー フットサル
試合時間 90分(45分ハーフ) 40分(20分ハーフ)
交代 3人 自由
オフサイド あり なし
タイムアウト なし 各ハーフ1回ずつ
退場 人数が減る 後に別のメンバーを補充可能
スライディング 可能 禁止

 

 

これらの相違点のうち、戦術的に重要なものは、
後ほどさらに詳しく説明して行きます。

 

フットサル独自のルールは、フットサルの魅力や楽しみを
より多く特徴付けるものになっています。

 

つまり、これらフットサル独自のルールを熟知していれば、
それだけゲームを有利に進めることができるのです。
「試合に勝つために」率先してルールを味方につけましょう。



 

 

人気No.1 フットサル専用練習プログラム

フットサル

 

  • 伊藤雅範氏、日本代表メンバーが監修
  • 海外強豪国の強さに秘められたトレーニング法を公開
  • 効果がなければ返品OK。安心の90日間完全満足保証
  • DVD3枚組の大容量コンテンツ

 

フットサル