まさかサッカーと同じ練習でいいと思っていませんか?


⇒  初心者から効果的な上達ができる秘密のメソッドとは?

フリーキック

フットサルとサッカーのルールは非常に似ています。
もともと同じスポーツなので、それは当然なのですが、
それだけに、少し違う部分があると混乱してしまいがちです。

 

サッカーの経験者がフットサルで戸惑ってしまうことが多いのが、
フリーキックとペナルティキックです。

 

 

フットサルのフリーキック

 

フットサルのフリーキックには、直接ゴールが狙える直接フリーキックと
直接はゴールを狙えない間接フリーキックがあります。
これは、サッカーと同じですね。

 

ただし、フットサルの場合、直接フリーキックの数はカウントされています。
チームで直接フリーキックの数が6個を超えた場合、第2PKと呼ばれる
壁無しのフリーキックを相手に与えることになります。

 

6つ目の直接フリーキックから行われる壁無しのフリーキック(第2PK)は
第2ペナルティーマークから行われます。

 

ただし、第2ペナルティーマークよりも前で反則が行われた場合
フリーキックを行う側が、反則の位置か、第2ペナルティーマークか、
どちらか好きな方を選べます。

 

pic30.gif
また、第2ペナルティーキックは、直接ゴールを狙わなくてはいけません。
つまり味方にパスをしてはいけないのです。
これが一番混乱してしまう部分なのですね。

 

また、第2PKのときは、味方の選手も
キッカーの5m以内の範囲に入ることができません。
これも覚えておきましょう。

 

最後に注意点として、大会によっては反則の数をカウントせず
第2ペナルティーキックが行われないこともあります。
大会参加時には、大会規約や特別ルールなどをきちんと調べておきましょう。



 

 

人気No.1 フットサル専用練習プログラム

フットサル

 

  • 伊藤雅範氏、日本代表メンバーが監修
  • 海外強豪国の強さに秘められたトレーニング法を公開
  • 効果がなければ返品OK。安心の90日間完全満足保証
  • DVD3枚組の大容量コンテンツ

 

フットサル