まさかサッカーと同じ練習でいいと思っていませんか?


⇒  初心者から効果的な上達ができる秘密のメソッドとは?

ラインを意識する

ゾーンディフェンスはチーム内の連携が重要です。
それだけに、普段の練習でしっかりとゾーンを意識しなければいけません。
今回は、ゾーンの感覚が把握できるようになる練習を紹介します。

 

 

ラインを使ったゾーン練習。

 

まず、ハーフコートで守備の練習をするときに、
コート内を仕切るラインを引きましょう。

 

pic21.gif
ダイヤモンド型のフォーメーションでゾーンディフェンスの練習をする場合は
バッテンの線になるように。
ブロック型のときは、十字になるように線を引きます。

 

ディフェンスのゾーンが4分割されるようにしましょう。

 

ディフェンスの選手がそれぞれコートに引かれたラインを意識して
自分のゾーンに入ってきた選手をしっかりとマークするようにしましょう。

 

また、ゾーンを越えていく敵選手がいた場合、
スムーズに越えた先の味方にマークが受け渡せるようにしましょう。

 

 

複数の相手がゾーンに侵入したとき

 

試合中、相手の選手が律儀に1人ずつゾーンに侵入してくるとは限りませんよね。
ゾーン内に複数の選手が入ってきたときは、
マークの相手がいなくなった味方がフォローしに行かなければいけません。

 

このとき重要なのは"ゴール前を空けない"ということです。
サイドのゾーンに敵が何人いても、ゴールからは遠いので大きな脅威にはなりません。

 

危険なのは、センターの選手がサイドにつられてしまって、
ゴール前のスペースががら空きになってしまうことです。

 

ゾーンディフェンスに慣れていない最初のうちは、
ゴール前の選手はあまり他のゾーンには行かないようにしましょう。
ゴールから遠いゾーンはある程度不利になっても仕方ないでしょう。

 

逆に、ゴール前に敵が侵入してきた場合は、
サイドや前にいる選手がゴール前のゾーンに戻って、
しっかりと敵の脅威を排除するようにしましょう。

 

pic22.gif
この練習法は、ラインを書くだけでゾーンを意識する感覚が身につきます。
ですから、普段のゲーム練習などに組み込んでも良いでしょう。



 

 

人気No.1 フットサル専用練習プログラム

フットサル

 

  • 伊藤雅範氏、日本代表メンバーが監修
  • 海外強豪国の強さに秘められたトレーニング法を公開
  • 効果がなければ返品OK。安心の90日間完全満足保証
  • DVD3枚組の大容量コンテンツ

 

フットサル